放課後等デイサービス

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは、小学生から高校生までの障がいをもった子供達が放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を受けるための、厚生労働省指定障がい者向け福祉施設です。

障がいのある子供達は、通える施設が少なかったり、普通学級の子供が通う学童保育所になじめなかったりと、放課後や長期休暇の過ごし方に悩む場合が少なくありません。 そんな、障がいを持った子供達の放課後の居場所として、また学校教育と相まって障がい児の自立を促進するため、またご家族の負担軽減のために新しい児童福祉施設が ”放課後等デイサービス”です。

ご利用には、自治体発行の「受給者証」が必要となります。詳しくはGreen Appleまでお問い合わせください。

お問い合わせ

 

制度について

”放課後等デイサービス” は平成24年4月の児童福祉法の改正で出来た“児童デイサービス“に変わる新しい児童福祉施設です。旧児童デイサービスでは、障がいの種別によって利用できる施設が異なり、身近な地域でサービスを受けることが出来ない子供達が多くいました。そのため、より身近な地域で利用できる施設の整備が強く求められていました。

その要望を元に児童福祉法の改正が行われ、幅広い種別の障がい児童を1つの施設で受け入れる事ができるようになり、いままでよりも身近な地域の施設を利用できるようになりました。

放課後等デイサービスでは、就学している障がい児(小学生~高校生まで)を対象としており、生活能力向上の為のカリキュラム等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障がい児の自立を促進します。

また、この放課後等デイサービスを利用することにより、障がいを持つ児童のご家庭の負担を軽減し、障がい児童がより良い生活を送るための一助として期待されています。